• Prepared

超親水性のご紹介(車のルーフをコーティング)

光触媒には「有機物の分解」と「超親水性」の2つの特徴があります。

当店では「有機物の分解」機能を活かした室内用のコーティングをメインに行っていますが、今回は「超親水性」のご紹介をしたいと思います。


「超親水性」は、簡単に言うと汚れが落ちやすくなる機能です。

通常は住宅などの外壁に使いますが、試しに営業車のルーフにコーティングをしてみました。

ドアに近い端の部分はコーティングしていません。

写真は雨に濡れた状態ですが、コーティング部分とそうでない部分の水弾きが違うことが分かります。











水を弾いていない部分が「超親水性」の部分で、付着していた汚れが雨に流されてきれいになっています。

(ちなみに営業車の天井は6ヶ月間洗車していません)


車のボディへのコーティングは、光沢がやや落ちたり補修塗装する際の下地処理が広範囲に必要になるなどのデメリットがありますが、なかなか掃除の難しい大型車や補機などを載せているキャンピングカーのルーフには、メンテナンスフリーというメリットをもたらしてくれます。


車のルーフへのコーティングは通常メニューにありませんが、ご興味のある方は是非ご連絡ください。


#光触媒 #超親水性 #車のルーフ #汚れ防止