• Prepared

記事抜粋:可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認(奈良県立医科大学)

令和2年9月25日 奈良県立医科大学より光触媒にて新型コロナウイルスが早期に不活性化されることを確認したとのプレスリリースが発表されました。


<プレスリリースより抜粋>

研究成果 本光触媒材料に光照射をすることで、1 時間で 2.5 桁のウイルス量の減少(99.7%の減少)、 2 時間で検出限界以下である 99.99%以上のウイルス量が減少しました。また、暗所におい ても 4 時間で検出限界以下に減少させることを明らかにしました。このことから、本光触 媒材料を利用することで、新型コロナウイルスを不活化できることがわかりました。本研究 成果をもとに、学校、病院やその他多くの人が利用する公共施設等における飛沫の付着や人 が触れる場所に対して、持続的な抗ウイルス効果を付与させることが可能になると考えら れます。

---抜粋以上


ウイルスの不活性化は光触媒面に接触してから急速に進みますので、光触媒コーティングが接触感染のリスクを大幅に低減することは確実と言えそうです。


#光触媒が新型コロナウイルスを不活性化


奈良県立医科大学プレスリリース200925
.pdf
Download PDF • 233KB