• Prepared

水とアルコールどちらがキレイになる?

テーブルや机などを拭き掃除する際、最近はアルコールなどの消毒薬を使って拭くことが多くなりました。

そこで、ごく簡単ではありますが「水拭きとアルコール拭きのキレイになる度合いの差はあるのか?」を確かめてみました。


<テスト>

プラスチックの板に水・アルコールを霧吹きで吹き付けてガーゼで拭き取り。

ルミテスター で前後の数値を測定。

拭き取りは開封直後の滅菌ガーゼを使用。


<結果>

水拭き:  拭き取り前:6,290 RLU

      拭き取り後: 720 RLU

      ガーゼ  :4,760 RLU

アルコール: 拭き取り前:5,080 RLU

      拭き取り後: 1,790 RLU

      ガーゼ  :2,640 RLU


※数値は2回実施した平均です。

※拭き取り後のガーゼの数値は面積を合わせるために

測定値を4倍したものです。

※アルコールは手指消毒用のものを使用しました。


なんとアルコール拭きの方が「拭けていない」という結果になりましたが、これはアルコールが霧吹きで吹き付けてから拭き取り終わるまでに、素早く乾燥してしまうためだと思われます。

わずかな時間ですが、拭き取りの後半は「乾拭き」状態になっていたようです。


ウイルスに限らず菌や食品残渣などを拭き取る際には、拭き取るダスターなどが乾きすぎないようにすることが大切なようです。

また、拭き取った後にはダスターなどにウイルスや菌が移動しているので、ダスターなどはこまめに廃棄することが必要と思います。


注意:上記の数字は有機物の多さを示すもので、ウイルスや菌の感染力を示すものではありません。



#拭き取り #拭き掃除 #ルミテスター #アルコール